チャップアップの効果と成分

育毛剤にもいろいろなものがありますが、その一つが「チャップアップ」です。
チャップアップは有名ですが、口コミの中には効果がなかったという人も多くいます。このような口コミをしている場合考えられるのは、即効性を期待している、ずっと前から脱毛している、薄毛が進行しているというケースがあります。
このような場合、どんな育毛剤であっても効果が期待できないとされています。育毛剤とは今ある毛を改善する作用は期待できますが、新しい毛を生やすというのは難しいとされています。
髪の毛のサイクルは3〜6ヶ月で抜けて生え変わるというサイクルを繰り返していますが、このヘアサイクルに合わせて最低でも半年は使い続けないと作用が出てこないと考えられます。
効かないという口コミも多いですが、薄毛対策として有効だというのが正式に認められているのも事実です。この育毛剤は医薬部外品で、医薬部外品とは有効な成分が一定濃度で配合されている製品のことをいいます。
配合されている成分としては、まずセンブリエキスが挙げられます。
センブリエキスは、スウェルチアマリン、スウェルチア人という物質を含んでおり、育毛剤に配合されると頭皮の血行を促進して、毛乳頭細胞を活性化、頭皮の老化を抑える作用を期待することができます。
グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物から抽出される育毛成分です。ニキビケア用品などにも使われている成分で抜け毛自体を抑えることはできませんが、抗炎症作用とかゆみを鎮める作用、抗菌作用などがあります。頭皮を健やかに保って強い髪の毛を作る頭皮環境を作る成分といえます。
塩酸ジフェンヒドラミンは抗アレルギー成分となっています。抗ヒスタミン薬とも知られていますが、頭皮の炎症からくるかゆみを鎮めて育毛を促します。頭皮に炎症があり痒くなってしまい搔きむしると頭皮が傷がついてしまいます。頭皮が傷つくと髪の毛の発毛にも影響を与えてしまいます。薄毛がなくても頭皮の痒みに悩んでいるという場合には、育毛剤は有効です。
また、頭皮を炎症させてしまう原因になる皮脂を抑える成分も配合されています。ダイズエキス、ドグダミエキス、オドリコソウエキスは皮脂を抑えて毛穴が詰まるのを防ぎ、健やかな髪を育てていきます。
頭皮が硬くなってしまうのはタンパク質と糖が結びついて、細胞などを劣化させている現象です。当然頭皮環境の悪化にもつながり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。
それを防ぐのが硬化を抑える成分です。ウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキスが硬化を防いで血行などよくしていきます。
抜け毛の因子は5αリダクターゼという酵素になります。この酵素を抑える成分も配合されており、オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウエキス、ビワ葉エキス、シナノキエキスなどが抜け毛の原因を抑えることによって薄毛を防ぐことにつながります。
つまりチャップアップは、頭皮環境の悪さを防ぐと同時に髪の毛を育てるための栄養や酸素を運ぶ血流を改善し、髪の毛に栄養を届けて頭皮の健康状態を保ち、抜け毛になる原因を抑える効果を期待することができる育毛剤となっています。
必ず誰にでも効くというわけではなく、効果の現れ方や感じ方は個人差があります。
薄毛が進行してしまった人の頭皮を改善することは難しいですが、進行が浅い、薄くなって気がするという人には、育毛や発毛促進、抜け毛や立つもの予防、頭皮環境の改善効果によって十分に薄毛の改善は期待することができます。
ただし、効果を実感するためには最低でも3ヶ月は継続して利用することが大切です。また、薄毛にならない生活習慣にも気をつけるとより高い作用が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です